特定健康検診・特定健康指導とは

平成20年4月から特定健診・特定保健指導が実施されます

糖尿病、高血圧症などの生活習慣病、とりわけメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の該当者、予備群を減らすため、内臓脂肪型肥満に着目した生活習慣病予防対策が導入されます。

今まで病気の「早期発見」「早期治療」のための健診・保険指導これから「生活習慣病予防」のための特定健診・特定保険指導

生活習慣病は、国民医療費の約3割を占め、死亡数割合では約6割を占めています。

そこで、新しい健診では、これまでの「病気を早期発見する健診」から「生活習慣病予防のための健診」に変わります。

対象者は実施年度中に40歳〜74歳になる方で、健康保険に加入している人(被保険者及び被扶養者)が対象となります。(※妊婦と厚生労働大臣が定める一部のものを除く。)

健診結果により、内臓脂肪蓄積の程度とリスク要因の数に着目して、特定保健指導の対象者が選定されます。そして、リスクの多さに応じてレベル別(「動機付け支援」、「積極的支援」)に保健指導が行われます。

受診者自身が生活習慣の問題点に気づき、自らの習慣を改善して生活習慣病を防ぐための新しい健診制度です。健康的な生活を送るために、特定健診を受診しましょう!

特定保健指導を受ける人は・・・

特定保健指導のための診断基準

※上記のフローチャートは大まかな流れを示したものです。 上記の条件以外に喫煙歴の有無や、年齢によっても特定保健指導の支援内容が変わり ます。